ドクター

鼻や耳の調子が悪い時には

看護師

新宿は人口が多いので耳鼻科に訪れる患者さんが多くいます。混雑している時間帯を避けるように事前にリサーチするなどの工夫をしましょう。初診の際や月の始めには保険証を持っていくのを忘れないことが大切です。

詳細を読む

少しの利用ができる

相談

耳が聞こえなくなったときに使うのが補聴器です。通常は自分専用のものを購入して使いますが、購入する前にレンタルをして使い勝手をチェックするのが良いかもしれません。つける感覚であったり、使い心地などを試せます。

詳細を読む

耳が遠いと思ったら

耳

決め手は耳鼻科受診

突発性難聴とは、ある日突然片方の耳が聞こえづらくなる病気です。原因はウィルスやストレスなど様々に考えられていますが、未だハッキリとは分かっていません。症状の軽いものから重いものまで、その程度はいろいろです。 突発性難聴の治療の基本は、耳鼻科で内服薬を処方してもらうことです。特に、副腎皮質ホルモン、いわゆるステロイド薬が最も効果が期待できます。その他にもビタミン剤や血管拡張剤などが用いられており、医師に処方された薬をきちんと飲むことが、突発性難聴を改善する場合最も重要なポイントです。早ければ薬を飲み出してから1週間程で症状が改善する方もいますので、「あれ、耳がちょっと・・・」と感じたら耳鼻科をすぐに受診しましょう。 音を司る大切な耳は、いつも注意して守りたいものです。

受診は1週間以内に

ある日突然聞こえづらくなってしまうという突発性難聴ですが、症状改善の決め手を握るのは、受診する時期によります。理想は症状が出てから3日以内、1週間を目安に耳鼻科を受診するようにしましょう。突発性難聴は受診する時期が早ければ早いほど治療効果が高まると言われています。1週間以内に受診することで、改善率がグッと上昇するのです。反対に症状が出てから1ヶ月以上経ってしまうと、治療が難しくなってしまいます。突発性難聴は、特に軽症の場合「ちょっと耳詰まりかな」と考えて受診が遅れてしまうことがあります。「このぐらいで騒ぐなんて」などと考えず、聞こえが悪いと感じたら速やかにクリニックに行くのが得策です。明日では遅いかもしれないが、今日で早過ぎることはありません。素早い受診で突発性難聴をやっつけましょう。

耳に大切なこと

ドクター

老化によって耳が聞こえなくなる人が増えています。そんな時にはやはり、補聴器が必要になってきます。まず、補聴器は自分に合ったモノを選ぶことが大切になってきます。さらに長く使いやすいものが求められています。

詳細を読む