耳に大切なこと|突発性難聴になる原因を突き止めよう|現代病の真実
病院

耳に大切なこと

ドクター

実際、耳が聞こえなくて大変という人のために補聴器があります。ちなみに難聴になると小さな音が聞き取りづらくなり、自分の声も聞こえづらくなります。つまり、会話にも支障がでてしまいます。会話に支障で出るということは第三者とのコミュニケーションにも支障が出るということです。それに相手が自分の言葉を何度も繰り返すということはストレスが溜まってしまいます。それにマイクで集音してイヤホンで大きくすればいいわけではありません。耳の形は人によって微妙に違います。単に耳につけるだけの補聴器だけではいけないということです。人気のある補聴器メーカーでは、一人ひとりに調整してくれる場合があります。さらに長期使用が可能なモノが選ばれているはずです。

補聴器を選ぶときに注意しなくてはいけないことは自分の聴力を知ることです。そもそも、補聴器は本人の聴力をサポートするためにあります。音が聞こえやすくするために必要でも、あまりにも大きく聞こえても困ります。いい塩梅の製品が求められています。そのためにはまず、自分の聴力の検査が必要になります。さらに補聴器は使う環境でも違いが出てきます。仕事先や自宅、それぞれ音の環境も違いがあります。なので、それぞれの場所にあった調整ができる製品が求められています。次はやはり、価格となっています。というのも、どんなにいい製品でも予算より高額では困ります。まず、事前に製品の相場などをチェックしておくことも大切になっています。