少しの利用ができる|突発性難聴になる原因を突き止めよう|現代病の真実
病院

少しの利用ができる

相談

つける感覚がわかる

高い買い物をするとき、実際に使ってみて使い心地を知ってからの方が良いでしょう。買ってみたらあまり使い心地が良くないだと困るからです。補聴器を考えているとき、将来的には買うけども先にレンタルで使う方法があります。販売店などが行っているサービスで、一定期間実際に装着して付けている感覚を知ることが出来ます。漬けた時にどんな感じか、どれくらい聞こえが良くあるかなどがわかります。ただし、補聴器のレンタルはその人にぴったりの物でない場合があります。感度の調整なども細かく行われていない場合があります。つけたときとつけないときでどれくらい差があるかを確認するものと考えた方がいいでしょう。自分に合うものを作れば、使いがっては良くなります。

自分に合うタイプを探す

障害によって、その他老化現象として耳が聞こえにくくなることがあります。その時に使うとよいのが補聴器です。自分で使い始めるより、利用を勧められて使うことが多いとされます。実際購入しようとすると、非常に多くの種類があることがわかります。価格帯も様々です。せっかく高いものを買っても、合わなければ使えません。そこでまずレンタルをしてみましょう。業者によって補聴器のレンタルサービスの内容が異なります。いろいろなタイプを自由に利用できるところもあれば、耳にかけるタイプのみの所もあります。先に利用していると、その後に割引を受けることが出来るようなところもあります。高いものなので、お得なところを探して使うようにしましょう。